EYECAD


より精度の高い計測を行います。


3Dレーザースキャナを活用する事により、従来の現地調査や計測に比べて短時間で高精度に現場の状況を得る事が可能です。
既存設備内の配置、配管計画の精度向上を図り現地の建設コスト削減に貢献いたします。



次元レーザー測定は、レーザー光を立体物に照射し、その反射光量の測定から3次元幾何情報を取得します。
非接触、短時間で3次元形状測定できることが特徴です。
また、取得した3次元デジタルデータは、既設プラントの3D-CAD化、建造物の3Dデジタル管理、建設現場の進捗管理、リバースエンジニアリングなど、様々な分野に適用できます。



点群データを活用して


取得した点群データを共有する事により、既存設備の改造、増設、撤去の計画をはじめ、新設案件においても、建設予定の敷地やその周辺状況が現地から離れたお客様のPC上で物体の計測や検討、確認が⾏えるようになります。

点群データの活⽤は今後大きく広がります。
さまざまな活⽤⽅法を考え、提案することによりお客様のご要望にお応えします。

jaJapanese
jaJapanese